投資信託を解約してFX裁量トレードに集中する

SBI証券にも法人口座を所有していまして、

そこで小資金ながら「投資信託」を購入していました。

毎月配当型のものを購入していたのですが、

購入後9か月が経過し、投資効率・資金効率を考えて、

投資信託を解約してFX口座の原資とすることに決めました。

SPONSORED LINK




毎月配当型投資信託を購入していました

 

SBI証券の法人口座にて、

小額ながらも「毎月配当型投資信託 」を購入していました。

年利換算すると20~30%にもなるものでしたが、

結果的には基準価額が下がっている状況で、

投資成績としてはほぼプラスマイナスゼロの状況です。

 

2015年5月24日現在投資信託運用状況

 

購入していたのは、

損保J日本興亜-好配当グローバルREITプレミアム・ファンド 通貨セレクトコース

楽天-楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型

アストマックス-日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)

の3銘柄になりますが、

毎月の配当があってもどれも購入時より基準価額が下がってしまい、

残念ながらトータルではプラスにはなりませんでした。

 

お試しで購入したものでしたが、それでも大きなマイナスにはなっていませんし、

自分の手元からお金が離れる案件に投資するよりはマシです。

約9か月間成り行きを見ていましたが、

どう考えても時間効率・資金効率的にFXで運用する方が理に適っていますから、

今月いっぱいで解約してFX原資に充填する予定です。

 

少しずつトレード単位をあげていくことの大切さ

 

今年のスタート時点では、原資は80万円弱でした。

そこから少しずつ原資の充填、トレード単位を増やしていき、

現在は65万円ほどのプラスを積み重ね、原資も185万円ほどになっています。

 

投資信託の資金をFX口座に移したとしても、

急にトレード単位をあげることはしません。

トレード単位を上げれば、その分利益が出た時も大きくはなりますが、

リスクも大きくなります。

 

過去に自分は何度も利益を焦って自分の許容量以上のトレード単位でトレードをし、

メンタルを乱して資金を減らしてきました。

ですから、原資が増えてもすぐにはトレード単位を増やさず、

少しずつ増やしていきながらその状態でのトレードに為れていき、

安定したトレードを継続させることで利益につなげていきたいと思います。

2015年5月24日 投資信託を解約してFX裁量トレードに集中する はコメントを受け付けていません。 FX裁量トレードメモ