ユーロドル2015年5月25日~今週の動きと委託運用経過

おはようございます。

黒洲三郎です。

 

今朝は、少し早起きしまして、出勤前に少し時間がありますので、

自分が一番気にしているユーロドルのチャートを眺めております。

 

韓国チェ会長に一部資金の委託運用をお願いしているのですが、

そのポジションが大変なことになっているんですよね・・・

SPONSORED LINK




ユーロドル2015年5月22日終了時点の日足・週足チャート

 

ユーロドルの2015年5月22日終了時点での日足・週足チャートを掲載します。

まずは週足。

ユーロドル2015年5月22日終了時週足

 

この週足10SMAがサポートとして機能するのかどうかに注目です。

髭を付けて戻る場合もありますから、今週が終わってみないと評価できませんが、

これだけ実体が長く、

しかも前の陽線を実体で完全に打ち消して確定していますから、

週明けは下落の勢いがあると考えた方が良いと思います。

 

そして日足。

 

ユーロドル2015年5月22日終了時日足

 

日足では30SMAを実体で下回ったように見えます。

まだ30SMAは上向きですけども、日足でも上髭を付けた陰線が確定しており、

下落の勢いは強い、と判断してよさそうです。

因みに、RSIではダイバージェンスも発生しており、反転が疑われる状況でしたね。

 

ということで、今週もショートを基本にユーロドルを追ってみようと思います。

再度下降トレンドに回帰したかどうかまではまだ分かりませんが、

基本視線はショートでいこうと思います。

 

韓国チェ会長のAPURO-6は再び非常に困難な状況に

 

2014年11月から委託運用を一つしておりまして、

それが韓国チェ会長による運用のAPURO-6という委託運用になります。

米ドル建ての口座になっており、原資は18000USDほどなのですが、

その含み損がとんでもない状況になっています。

以下はMT4のチャートになります。

 

APURO-6委託運用2015年5月25日現在の含み損状況

 

2015年1月5日に、下降トレンドが非常に明瞭なユーロドルにおいて、

ロングポジションを取っています。

そこから一時期は1.0500を切るまでの下落がありながらも損切りはされず・・・

しかもこの原資に対して10万通貨単位でのトレードですので、

既に含み損も資金の75%にもなろうか、という時期もありました。

 

正直な感想を言えば、

資金管理も何もない、損切りも設定していない、トレンドも考慮していない、

素人まるだしのトレード

という印象です。

本当にこれがプロのトレーダーによる運用なのか?甚だ疑問です。

 

それでもチェ会長は、

「短期ではなく長期でみてくれ」

「1年の間で必ず利益を出せるように努力する」

と言っていますが・・・

今の状況では、1年を経過する以前に

強制ロスカットに陥る日の方が近いかもしれません。

そもそも、長期で持ち続ける資金管理がなされていません・・・

全く理解不能なトレードで突っ込みどころ満載なのですが、

委託運用ですからしょうがありませんね。

 

やはり裁量トレードが最強 ですよ。すべて自分の地となり肉となる。

無駄なものは何もありません。

委託運用も、このチェ会長の運用が特別なわけではないんです。

こうしたパフォーマンスしか出せないのに、

「世界有数のトレーダー」

「月利30%は固い」

などと甘い言葉で勧誘する人が現実にいるのです。

そんな言葉を真に受けてはいけません。

 

過去に3度、委託運用あるいはPAMMというものを試しましたが、

どれも本当に散々な成績でした。

 

この記事を読んだ方は、そんな運用に自分のお金を預けることはせず、

是非裁量トレードの学習に注力していただきたい と思います。

 

 

 

2015年5月25日 ユーロドル2015年5月25日~今週の動きと委託運用経過 はコメントを受け付けていません。 FX委託運用