裁量トレーダーが陥る罠~成績プラスがもたらす気の緩み

裁量トレーダーとして歩む道はイバラの道だと思います。少なくとも自分はそう感じます。

最近、自分が陥っている罠~それは「成績プラスがもたらす気の緩み 」です。

この症状を中々改善させることが出来ず、苦しんでいます。

前回記事にもしましたが、先月も最終日に大きくトレード成績を悪化させて終了しました。

→ GMOクリック証券トレードアイランド2015年5月の成績

そして、今月も、つい昨日のことですが、

それまで順調に重ねていたプラスを大幅に減らす連敗がありました。

SPONSORED LINK




裁量トレーダーが陥る罠~成績プラスがもたらす気の緩み

 

一応、昨年9月以降、月間ではほとんどの月でプラスであり、

またマイナスの月があっても非常に小幅な範囲で済んでおり、

トレード成績は少しずつ向上してきた感覚があります。

→ GMOクリック証券月別成績

 

自分の得意パターンというものも以前より明確に認識できるようになりましたし、

正直、メンタル面さえ安定していれば、裁量トレードで利益を上げ続けていくことは

それほど難しいことではない、という感触を得つつあります。

 

しかし・・・成績がプラスになったことで、思わぬ弊害が生まれています。

本当に情けない話なのですが、どうしても「気が緩んでしまう」のです。

 

月初めから中盤は問題無いのです。

毎月、月始めになると、新たな出だしということで、

まずはしっかりとプラスを積み重ねていこうという意識でトレードします。

そして、順調にプラスが積み重なってプラス300pips程度の状態になってくると、

自分の場合は心に隙が出てきてしまいます。

 

そうなると、時折根拠に乏しい無駄なエントリーをするようになり、

これが悪循環の引き金になります。

こうしたトレードは大方は損失につながります。

損失を出したトレードの後は、

それを取り戻そうと無理にエントリーポイントを探すことになります。

止めておけば良いものを、心に隙がある状態だとそれが出来ないのです

 

そして、無理なエントリーで連敗します。

それでも、「大丈夫、勝てるさ」とまたエントリーします。

気がつくと、引き分けや小幅な勝ちを挟みつつ、大連敗を喫しているのです。

 

私の昨日のトレードです。実際の取引記録になります。

もはやどのような根拠でトレードしていたのか?振り返っても理解に苦しみます。

 

気が緩んで連敗①

 

気が緩んで連敗②

 

気が緩んで連敗③

 

本当によくもまあこれだけ負けれるもんだ、と。

ただし、やっている時は思考が多少麻痺状態になるのか・・・止めることが出来ないのです。

気がつくと大連敗してそれまでせっかく積み重ねた利益を大幅に減らす、

そんな結果となってしまうのです。

 

勿論、このような状態にはならない人もいるでしょう。

規律をもってトレードに臨むことが出来ている人もいるでしょう。

しかし、中には私のような、あるいはそれに近い症状に陥っている人もいると思うのです。

 

私自身は、いまだ有効な解決策を見つけ出せていません。

この症状を改善できれば、大幅に成績も向上するはずです。

この症状が改善されれば、あるいは専業でもやっていけるかもしれません。

ですが、この症状が改善しない限り、

私は裁量トレーダーとして安定的に利益を出していくことは難しいでしょう。

大きな壁です。

 

恐らく、専業でトレードされている方々というのは、

こうした壁をいくつも乗り越えてきたのだと思います。

マエストロFXの著者佐野裕先生の言葉を思い返して、

なんとしてもこの壁を克服しようと思います。

→ マエストロFX作者佐野裕先生の「収支トントンから抜け出せず心が折れそう」という質問者への回答が秀逸!

 

 

 

裁量トレードは簡単ではありません。

一筋縄ではいきません。

誰でも簡単に儲かるならば、この世に貧乏人はいません。

そもそも、ゼロサムゲームであるFXそのものが成り立ちません。

 

FXで勝ち続けるには人より秀でる必要があります。

当たり前のことなんです。

そんな当たり前の事実が目をそらして、

甘いセールストークに引っかかってお金をなくす人が大勢います。

 

私はそうした時期はもう過ぎて一歩前に進んでいます。

亀の歩みでも、少しずつ前進しようと思います。
=====================================

今回の記事は参考になりましたでしょうか?

今回の記事が少しでもお役に立てたのであれば、

下記のリンクをクリックしてブログランキングへの御協力をお願い致します。

人気ブログランキングへ