FXで勝ちたいのなら「他力本願」の姿勢を改め、楽な道を全て断ち切ること!

SPONSORED LINK




今回の記事も自分の経験を元に、自分自身への自戒を込めたものになります。

 

私自身、現在でこそ裁量トレードで毎月ある程度の利益を出せるようになって

きましたが、過去には裁量トレードに真剣に取り組むことから逃げて、

シグナル配信や自動売買、委託運用など兎に角

「楽な方」へ逃げることばかりしてきました。

その結果は言わずもがな、散々なものでした。

 

こうしたサービスでは永続的な利益を獲得していくことは不可能です。

FX裁量トレードで勝ちたいのであれば

「他力本願」な姿勢を根本から変えていく必要があります。

 「他力本願」は時間とお金を奪っていく

 

今まで散々色々なサービスや投資を経験してきた結論ですが、

結局のところ、「他力本願」な姿勢では何も得られないどころか、

多くの時間とお金を失います。

これは自分の事に限らず、まず間違いない原理原則であると思います。

 

「他力本願」な姿勢のままでは、失うものが多い一方で、

更にその上に残るものも何も無いという非常に残念な結果が待ち受けているわけですが、

多くの人はこの現実を受け入れることができません。

 

人間は「楽な方、楽な方」へと道を進めたがるのが定めのようです。

ちょうど昨日(2015年7月20日)もテレビ番組「しくじり先生」に元猿岩石の森脇さんが出演し、

楽な方が実はイバラの道なんだ 」ということを話されていました。これは真実だと思います。

 

私自身、シグナル配信や委託運用、自動売買などで多くのお金を失ってきました。

甘いセールストークを真に受けて、次から次へとそうしたサービスを利用し、

気づけば失ったお金は1000万円以上にも膨れ上がっていました。

何が悲惨かといえば、失ったお金も大きいですが、その間に費やした時間、

そして依存してばかりで自分の手元には何の価値のあるスキルも経験も残らなかった

ということです。

 

それはリスクヘッジではなく「甘え」です

 

リスクヘッジのためにシグナル配信や自動売買を活用しているんだ!

という最もらしい意見を言う人もいるかもしれません。

勿論、これが裁量トレードを極め、裁量トレードで安定した利益を出すことが

既に出来ている人が言うのあれば全く異論はありませんが、

裁量トレードも勉強しながらシグナル配信や自動売買もリスクヘッジでやっていこう

という考えなのであれば、それは辞めておいた方が良いと私は思います。

 

FX裁量トレードで継続して利益を出すということは、それほど簡単なことではありません

世にあふれる情報商材のセールスレターに毒されていると、

FXがさも

「初心者でも簡単に儲けられる」

「1日10分で利益をあげられる」

「毎月100万円以上稼ぐのも楽勝」

といった完全に誤った認識を持ってしまう方も大勢いるのでしょうが、

FXはそんな甘い世界ではありません

 

寧ろそうしたセールストークは初心者を食い物にするための罠と考えるべきです。

どんなに優秀な過去実績を強調しようがシグナル配信や自動売買も例外ではなく、

リアル運用を始めた途端に成績悪化、最大ドローダウン更新、配信者側の言い訳連発、

というのはお決まりの展開なのです。

 

シグナル配信や自動売買で下手に利益が出ている場合は最悪です。

それが永続しないものであることは間違いない事実であるのに、

裁量トレードが上手く行かなくてもシグナル配信で儲かってるから大丈夫」と、

裁量トレードに真剣に向き合うことができません。

そこにはどうしても心の隙が生じてしまうのです。

 

FXで勝ちたいのであれば楽な道を全て断ち切ること!

 

FX裁量トレードで継続的に勝てるようになるためには、

最低限ある一定期間はFXと真剣に向き合う必要があります。

 

トレード記録を作成し(ここを面倒くさがってやらない人がいますが、

これをやるかどうかが勝者と敗者の分かれ道です)、負けトレードから学び、

自分の弱点を認識し、日々僅かながらでも気づきを得ながら成績を向上させていく。

一朝一夕にはいきません。平坦な道でもありません。

途中、何度も心が折れることでしょう。でも諦めてはいけません。

そこを乗り越えた時に得られるものは、その苦労を遥かに凌駕するものです。

 

時間と場所に囚われず、

サラリーマンの何倍もの給料をほんのわずかな労力で稼ぎ出すことができる。

会社に依存すること無く、自分自身の技量によりお金を生み出せる安心感。

望むなら年収で億を超えることも可能でしょう。

そのメリットは測り知れません。

 

FXは真剣に向き合う価値のあるスキルであると思います。

こうしたスキームが存在していることに私自身は感謝しています。

自分はFXを知ることができて、幸運であると思います。

 

FXに真剣に向き合う・・・その為には「楽な道」は全て断ち切らなければなりません

逃げ場をなくすのです。

言い訳のできない状態に自分を追い込むのです。

 

私が裁量トレードで成果を出し始めたのは、

裁量トレード1本で勝負する 」と覚悟を決めて、

シグナル配信や自動売買、委託運用などを全て辞めた後からでした。

自分にはもうこれしかない 」という状態を自分で作り上げました。

崖っぷちです。でも、だからこそ強くなれるのだと思います。

真摯に自分のトレードに向き合い、自分自身に向き合い、

改善に改善を重ねていく、その作業の連続です。

 

その後の道も平坦ではありませんでしたが、

そう決心した2014年9月以降、マイナスの月はあっても僅かな損失に済んでおり、

概ね安定してプラスで回すことができています。

毎月毎月プラスでなくとも自信を失う必要はありません。

トップレベルのファンドマネージャーですら毎月プラスでいくのは難しいとされるのが

FXの世界です。毎月僅かながらでもプラスを重ねていければ十分なのです。

 

それに裁量トレードで多少マイナスになったとしても、

シグナル配信や自動売買ソフトにお金を預けていては、

其の比にならないぐらいのお金を理不尽に失う危険性が常にあります。

自分でコントロールしようがありません。

そもそも、「儲けたい」という気持ちでそうしたサービスを利用しますから、

適正レバレッジよりも高めにリスクをとって、

損失を出す時においては、想定以上の損失を出すというのがお決まりのパターンなのです。

 

FX裁量トレードのスキルは、真剣に学ぼうとする人には大きな恩恵をもたらしてくれます。

既に上述した通りです。

つぎ込めばつぎ込むほど、自分の手元に残るものも大きくなります

それは有形無形ともに。

下手なサービスを利用するのは止めて、

裁量トレードに真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

※裁量トレードに対する基本的な姿勢を学ぶには、この教材が格安で良いと思います。

FXテクニカル分析22の技術

裁量トレーダーが勝ち続けるために重要なメンタルについての秀逸な無料レポートです。

デイトレ生存率向上レポート