ダブルトップ形成後、10SMA上に戻る動きの注意点

今日も自分の損失トレードからの学びを記録していこうと思います。

 

オリバー・ベレス/グレッグ・カプラ著「デイトレード」にはこう記載されています。

トレーダーの行動の中で最も価値のあるものの一つに、トレーディングにおける失敗を日誌に記録することが挙げられる

 

これに習って自分の失敗トレードを記録し、蓄積させていきたいと思います。

 

SPONSORED LINK




やはりトレード手法よりも環境認識が重要であり優先される

 

今回のトレードは、端的に言ってしまえば

環境認識が不十分であったために損失となった

トレードです。

 

次のチャートはポンドドルの4時間足チャートです。

※さらに上位足の日足は30SMAを挟んだ値動きとなっており、方向感がありませんでした。故にそもそもトレードするには難易度の高い局面であるということが言えます。

 

ポンド円ダブルトップ後の10SMA上に戻る動き注意点 4時間足

 

30SMAは上向き、10SMAは下向きですが、

○印部分の陽線で、10SMAの上にぎりぎりロウソク足が乗っかり、

楽観ゾーンに戻ってきたと判断し、この4時間足確定直後にロングしました。

しかしながら結論から言えば即逆行で損切りとなっています。

損切りは前の足の安値におきました。

 

私がロングした場面ですが、そもそもこの前にダブルトップが形成されており、

ここからの上昇は難しく、寧ろ下落が想定されやすい場面でした。

ロングを狙うとしても、直近高値、ダブルトップを実体で上抜いていかないと

厳しいと判断されます

 

。しかも、チャートに緑矢印で示したように、安値はどんどん切り下げており、

下降のチャネルを形成しているとも見れます。

 

いずれにしても、ロングを狙うにはリスクが高すぎると考えられ、

トレードを回避するのが無難な場面であったと思います。

 

環境認識が出来ていれば損切りも早期に判断できた

 

同場面の1時間足チャートです。

 

ポンド円ダブルトップ後の10SMA上に戻る動き注意点 1時間足

 

環境認識がしっかりしていて、

ロングするにはリスクが高い

という認識を持てていれば、

上図○印の陰線が30SMAを実体で下回って確定した時点で損切りできていたはずです。

 

トレード手法よりも環境認識が重要です。

同じ失敗を犯さないよう今後のトレードに生かしていきたいと思います。

 

=====================================

今回の記事は参考になりましたでしょうか?

今回の記事が少しでもお役に立てたのであれば、

下記のリンクをクリックしてブログランキングへの御協力をお願い致します。

人気ブログランキングへ

2015年7月22日 ダブルトップ形成後、10SMA上に戻る動きの注意点 はコメントを受け付けていません。 FX損失トレードから学ぶ