GMOクリック証券トレードアイランド2015年7月の成績

SPONSORED LINK




2014年9月から再開している裁量トレードですが、

ここまで数字上は大きなマイナスもなく比較的順調に推移。

 

しかし、その内容は決して褒められたものではなく、

随所に破綻の危険性も孕んだトレードだったのですが、

今月は遂にそれが表面化した月でした。  

GMOクリック証券トレードアイランド2015年7月の成績

GMOクリック証券トレードアイランド2015年7月 ※トレードアイランドはGMOクリック証券が提供するトレードイベントです。

 

上記画像キャプチャをご覧いただければ分かりますが、

今月は遂にマイナス収支の月となりました。

大きな(といっても-9.0%ですが)マイナスとなったのは、

2014年9月より裁量トレードを開始してから初の出来事です。

 

飲酒をきっかけに資金管理を無視したトレードに陥る

 

今月のマイナス収支の要因は、一目瞭然に「飲酒」です。

実は今月も原資290万円からのスタートで月半ばには

315万程度に 比較的順調に増やしておりました。

 

しかし、職場での宴会があった7月22日、大いにお酒を飲み上機嫌となり、

何を血迷ったか記憶も定かではないのですが、

翌23日の朝に起きてみると、 100万通貨単位でドル円のポジションを保有しているのです。

約定履歴を見ると、1:33となっており、 深夜に泥酔状態で取ったポジションと思われます。

これが含み損が17万ほどで、しばらく静観して損切りしました。

17万4千円の損切りです。

 

これでも値幅としては17.4pips程度です。

普段、7万通貨単位でのトレードですから、

実に15倍弱のポジションを取ったという 資金管理の無視のトレードであったわけです。

※iPhoneでトレードしていると、どんな時でもトレードできてしまうのが、 メリットである一方で、こうしたケースではデメリットとなります。 勿論、全て自己管理できていない私の責任ではあるのですが・・・

 

止めればいいのに損失を取り返そうとした

 

飲酒して資金管理無視のハイレバレッジトレード これが私の第一のミス。

しかしここで私は続けて第二のミスを犯します。

 

17万4千円の損失は、トレード1回の損失を資金の1%(max 2%まで)

を原則ルールとしている私にとっては大きすぎる金額でした。

原資300万円だとしても1回の損切り額は3万円(max 6万円)が上限でした。

そして、この損切りをした時点で、

ここまで時間をかけて月初めから築き上げてきた利益を全て飛ばしてしまいました。

 

ここで留まっておけばよかったのです。大きな損失を出してしまっとしても。

それはそれで割り切るしかなかったのです。

 

ですが、私は更に過ちの上塗りをしてしまいました。

この損失を取り戻そうと、資金管理を無視したハイレバレッジのトレードを繰り返しました。

スプレッドの少ないドル円とユーロドルで少ない利幅で回数を重ねるスキャルピングです。

普段やらない芸当に及んでいました。

この時点で結果は明白。

案の定損失をさらに大きくし、 結局資金マックス時よりも50万円近い損失を出してしまい、

月の開始時点よりも30万円も原資を減らしてしまいました。

 

人は何度も同じ過ちを繰り返す

 

今回は飲酒がきっかけでしたが、以前にも実は自分は同じような失敗を犯しています。

それも1度や2度ではありません。

飲酒していない状態でも、今までは、トレードスキルが未熟なために損失が積み重なり、

やはりその損失を取り戻そうとハイレバレッジなトレードをして更なる損失を招く、

ということがありました。

 

現在は、以前に比べトレードスキル自体は向上しており、

冷静にトレードを積み重ねていきさえすれば総合的には利益が出る状態であるのに、

飲酒してトレードするという暴挙に及んでやはり同様の事態を招いてしまいました。

 

人間は本当に何度も何度も同じ過ちを繰り返しますね

 

自己弁護するわけではありませんが、こういったことは、

別に私に限った話では無いと思うのです。

※さすがに私自身について言えば、かなり学習能力が無いとは思いますが。

 

トレードするに当たっての「自分専用のルール 」というのはやはり重要のようです。

今回の経験をもとに、「飲酒時はトレードしない 」というルールを設ける必要があります。

当たり前ですが、iPhoneトレーダーというどこでもトレードできてしまう自分には

厳守することは中々難易度が高いことです。

ですが、こうした不安要素を取り除いていかないと安定したトレーダーにはなれません。

 

また、心の中に巣くう「利益を焦る感情」を十分にコントロールできていないことも 問題です。

依然として問題は山積みですが、

ここで心が折れてはこれまで積み重ねてきた努力が水泡に帰します。

継続あるのみです。