核心的事実〜メンタルが安定しなけばスキルがあっても利益を上げ続けることは不可能

SPONSORED LINK




実に久々の投稿になるのですが、

しばらくFX裁量トレードを中断しておりました。

 

といっても、トータルでの成績がマイナスになったわけでもなく、

かけている労力の割にはパフォーマンスが低調である、

という期間が非常に長く続いていたためです。

そして、何よりこの状況に対して具体的な改善策を見つけ出すことが

どうしても出来なかったというが中断を決断した要因でした。

 

 

 

このような状況が続くと

連敗が引き金となっていつかメンタルに支障をきたし、資金管理を無視したトレードで大損失を出しかねない

ことが過去の経験でわかっていますし、

パフォーマンスが安定しないのは、

利益を出そうという心理が強すぎてそれが逆にメンタル面に悪影響を及ぼし、過剰なトレードを誘発している

からということも分かっているのです。

 

トレードスキルが上がり、1時間足はもちろん、15分足や5分足のトレードでも

利益を出せるという感覚が出てくると、

「より多くの利益を出そう」として

「トレード回数を増やし」

確かに利益は出るのだけれど、

勝率はトレード回数が増えるほどに頭打ちになり、

時折利幅の大きいトレードが出て成績はプラスにはなるものの、

横ばいの期間も長くなり、それに対して次第にストレスを感じるようになります。

 

薄々気づいてはいたし、この状態を長く続けられるとは思っていませんでしたが、

やはり利益が上がっていてもトレード過剰では安定したメンタルを保てず、

いつしかメンタルの破綻をきたして大きな損失を出す可能性が高い、

ことを改めて認識しました。

 

利益を上げることができるからこそ陥る罠なのかもしれません。

裁量トレードというのは本当に奥が深いと思います。

自分の今のレベルでは、

FXで利益を上げたいのならば、利益を出そうと考えてはいけない

というパラドックスが生じています。

 

これを本質的に克服するのには、

しばらく時間がかかりそうです。