Free Lunch Forex運用上の難点

 

Free Lunch Forex運用上の難点

 

2010年12月から継続しているサヤ取りシグナル配信、
Free Lunch Forexなのですが、現状毎月プラスを
出してくれてはいます。

 

ここまでの経過は以下で確認できます。

 

http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201012.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201101.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201102.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201103.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/20110407.pdf

 

 

しかし、今月が継続5ヶ月目になりますが、
続けているからこそ分かる難点があります。
非常に重要なポイントですのでこの配信を
考慮している方は参考にしてください。

 

■あり得ないことですが、シグナル配信者の仕事が雑なんです

 

全てはここに集約されます。

 

実はこのシグナル配信をされている
「城崎」さんという方、
ものすごく仕事が「雑」なんですよね。

 

どういうことかと言いますと、
下記の公式ブログを見ていただければ
その一端が分かります。

 

http://ameblo.jp/freelunchi/

 

なんと1月25日づけのブログ以来、
更新がありません・・・
今日は4月7日です。
実に2カ月以上放置です。

 

上記のブログ以外に、メールなどでフォローがあるのかといえば、
それも決して十分ではないのです。

 

シグナル発生のお知らせはきっちり届くのですが、
その際のポジションサイズの指示などはありません。
自己の資金管理のもとでエントリーするかどうか判断してください、
という具合です。

 

例えば、4月1日に配信された「追い玉のお知らせ」というメールを
見ていただければある程度わかります・・・

 

コチラ

 

「Free Lunch」追い玉 建てのお知らせ

●●●●さま

いつもお世話になっております。

「Free Lunch」の城崎です。

城崎は下記にエントリーした玉に対し、
追い玉をいたしますのでお知らせいたします。

4月 1日 AM7:00

<新規>

ドル/円 買い 10000通貨  ●●.●●

豪 /円 売り  10000通貨 ●●.●●   


-----------------------
追い玉エントリー参考価格(本日 AM7:OO)

ドル/円 買い 10000通貨  ●●.●●

豪 /円 売り  10000通貨 ●●.●●


上記 エントリーが未エントリーの方はこの段階で
新規でエントリーされてもかまいません、
より、優位な位置でのエントリーとなります。

追い玉はさらに、マイナスが増える場合もございますので
資金管理には十分ご配慮ください。

また。もうすこし、様子をみて 最初の建て玉がさらに
マイナスを増えたころに追い玉をされてもかまいません

そのあたりの判断は、個々の自由となりますので
研究してみてくださいね。。。


また、利益確定は 各自深追いすることなく
1OOPIPS前後もあれば十分ですので
でとっていってください。


私の参考価格は、朝7時のスタート
価格とします。

 



ココマデ

 

個々に研究させる前に、
含み損がどの程度までは許容範囲なのかコメントがあっても
いいようなものなのに、そうしたものは一切ありません。

 

含み損が拡大しているケースでは、決済されませんので、
新たにシグナルが発生すると保有ペアが増えていきます。
新たにもったポジションでも含み損が拡大していくと、
さらに含み損が増えることとなります。

 

私も実践しながらロット数を調節していこうと考え、
まだまだどのようなレバレッジが適正なのか判断が付きかねている
ところなのですが、最近はさらに困ったことにシグナルの発生頻度が
増えているのです。

 

そのため、当初資金50万弱で0.2ロットずつで保有していたものが、
複数ペアを同時に保持する状態が多くなり、さらに最近マイナス方向へ
動くケースが増えていたため、含み損が拡大している状況です。

 

↓の画像は私の法人口座(IGマーケッツ証券)の様子です。

 

 

 


証拠金残高が135万強であるのに対し、
有効証拠金残高は123万強となっています。
つまり12万ほどの含み損がある状態なわけです。

 

※途中、35万追加入金していますので残高が増えています。

 

これは総資金の10%近い数字です。
正直、あまり気分は良くありません。

 

この含み損ですが、
現在7セット保有中です。
7セットということは、0.2ロットずつポジションを取っていますので、
1セット当たり0.4ロット、7セットで2.8ロットです。

 

1ロット=10万通貨単位、
単純に考えて1ロット=1000万、
2.8ロットだと2800万、
レバレッジは20倍強です!!

 

計算してみて改めて恐ろしくなってます・・・
相関性のある通貨を、一方はロング、他方はショートしているわけで、
通常一気に含み損が拡大することはないのでまだメンタル的には
安定を保てていますが、正直このレバレッジは穏やかではないです。

 

それぞれに適正レバレッジというものがありますが、
このレバレッジは自分には度が過ぎてます。

 

私の場合、この口座の外に資金をプールしてあるので、
含み損がさらに拡大した場合は、資金の追加を考慮していますが、
当面このFree Lunch Forexでのロット数は0.2から増やす予定は
ありません。

 

というより、この状況では増やせません。
当然ですが。むしろ減らすことを考えないといけませんね。

 

いやあ資金管理が非常に難しいですね。
何の指針も無いと、自分で見つけていくしかありません。

 

現状ですと、資金200万で0.1ロットずつ、
ぐらいの感じが限界じゃないでしょうか?
これですと、保有通貨ペアが例えば10セットになり、
含み損が各セットで100pips抱えたとしても、
マイナスは10万程度で、資金の5%に収まります。

 

上記以上の含み損が発生した場合のことも想定しなければ
なりませんので、資金が増えれば増えるほど、
資金管理が難しいというか、
レバレッジをかけられないシグナル配信と言えるでしょう。

 

ロジックがわからないシグナル配信では、
いたしかない部分ですね。
ドル円タイミング配信のように、ロスカットがエントリー時に
設定される、あるいはトレンドフォローの手法なので、
自分でロスカットポイントをある程度想定できる配信とは異なり、
このFree Lunch Forexでは含み損がどこまで拡大したら
損切りしたらいいのか、ということが自分で出来ません。

 

このあたりは今後の課題です。
難癖ばかり付けた感がありますが、
含み損を差し引いてもここまで大きく勝ち越している
配信であることは間違いありません。
サヤ取り」自体は自分が興味がある部分ですし、
情報収集して自分でも研究していこうと思っています。

 

 

2011年4月7日 Free Lunch Forex運用上の難点 はコメントを受け付けていません。 ブログ