2011年3月ドル円タイミング配信公式成績

 ■2011年3月ドル円タイミング配信公式成績

 

ドル円タイミング配信は、私が2009年1月から継続している
シグナル配信です。


(参考)


2009年公式成績
2010年公式成績

 

2011年3月の公式成績ですが、

 

+239pips

 

でした。

 


■今年は開始から3カ月連続でプラス

 

年間を通してもわずかな利益で終わった2010年でしたが、
今年は幾分復調してきているようです。

 

ドル円タイミング配信は、ある程度ボラティリティがないと
なかなか利益確定がうまくいきません。
裁量で細かくとっていった方が2010年は奏功したと思われますが、
あくまでそれは結果論です。

 

シグナル配信は、基本的には「裁量を入れない」方が無難です。

 

ただ、このドル円タイミング配信については、
トレイリングが雑で相場の状況をあまり考慮していないですから、
トレイリングについては改善策の裁量を入れても良いのかな、
と感じています。

 

何度も書いていますが、ドル円タイミング配信は月額5万も
費用がかかります。この利用料を差し引いて利益を出していくためには、
かなりの資金が必要になります。

 

月平均100pipsと考えて、
1度の最大損失が100pips、かつ資金の3~5%とすると、
最低でも資金は100万以上必要です。
100万で0.5ロットを一度のポジションサイズとすれば、
1度の取引での最大損失は資金の5%に限定され、
さらに月100pipsを獲得すれば利益は5万。
ここから利用料を引いて、プラスマイナスゼロ。

 

200万から300万はないと、実際には利益を出していくのは
難しいでしょうね。

 

■安定性は魅力

 

私が思うに、このドル円タイミング配信の魅力は、
「安定性」にあると思います。

 

利益も大きくない変わりに、損失もかなり限定されています。

 

この2年間の最大月間損失は272pipsです。

 

やはりこの安定感は魅力ですし、
シグナル配信でポートフォリオを作成する上で、
是非とも加えたい配信ではあると思います。

 

コメントを残す