Free Lunch Forexの含み損拡大中

 

Free Lunch Forexの含み損拡大中

 

2010年12月から継続しているサヤ取りシグナル配信、
Free Lunch Forexですが、
ここまで毎月プラスを計上していてくれましたが、
(これはもちろんほとんど損切りをしないので、
プラスになるのは当然なのですが)
ここに来て含み損が拡大中です。

 

ここまでの経過は以下で確認できます。

 

http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201012.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201101.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201102.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201103.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/20110407.pdf
http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/20110419.pdf

 

2010年12月 + 86700
2011年01月 + 54700
2011年02月 + 34240
2011年03月 +131620
2011年04月 + 75240

 

4月はまだ途中経過ですが、ここまでのトータルで、
約38万ほどの利益を出してくれています。

 

しかし、現在の私の法人口座の残高画面をご覧ください。


証拠金残高が139万、
証拠金有効残高が113万、
となっています。

 

つまり、含み損が現在26万ほどに拡大している状況なのです。

 

■Free Lunch Forexを運用していく上での難点:資金管理

 

実は、このFree Lunch Forexの担当者の方、
仕事が雑なんですよね・・・

 

これについては前回記事も参照してください。

 

→Free Lunch Forex運用上の難点

 

ブログは滅多に更新されませんし、
決済シグナルはタイムラグがあって送信されたり・・・

 

現在保有しているポジションがどういう状況なのか?
今後どういう展開になったら損切りするのか?

 

そういったフォローはまず期待できません。

 

さらに、最近になって明らかにシグナル配信の頻度が高くなりました。
以前より多くのポジションを持つようになったのです。

 

私も最近は含み損の拡大状況と、
配信頻度からして今までのように0.2ロットずつのポジションでは、
含み損の割合が高くなりすぎると判断して、
現在は0.1ロットずつでポジションを取っています。

 

利益は減るでしょうが、
まずは損失の管理が優先ですので。

 

含み損が拡大するのは、決してメンタルに良い影響はありません。
冷静さを失った時点で、トレードは「負け」です。

 

そういった資金管理の部分を個々人で上手くやらないと、
このFree Lunch Forexでは安定して利益を出していくことは難しいでしょう。

 

私の知る限りでも、既に途中で止めてしまった人もいるようですね。
私自身はしばらくは継続してみようと思います。

 

■含み損ポジション完全公開

 

現在の含み損ポジションを完全公開しておきます。

 

 

 

これからどうなるのか私自身も楽しみです。

 

ちなみに、このIGマーケッツ証券の口座では、

 

●Free Lunch Forex
●FXプロフィットマキシマイザ
●プログレスマインドドル円タイミング配信

 

の3つを並行して運用しています。

 

現在、Free Lunch Forex以外でポジションを持っているのは、
ドル円タイミング配信のドル円ロング、0.3ロットのみで、
このポジションの含み損は微々たるものですので、
現在の含み損26万はほぼFree Lunch Forexによるものです。

 

0.2ロットずつのポジション取りでは、
ここまでの経過ですと、
約26万の含み損を抱える可能性があることが実証されました。

 

含み損を総資金の10%程度に抑えたいのであれば、
総資金は300万ほどないとこの含み損は想定外ということになります。

 

5%程度に抑えたいのであれば、
資金は500万から600万は必要です。

 

私も現在の総資金に対する含み損の割合は気持ちの良い状態ではないので、
経過を見ながらですが、法人口座に資金を注入しながら、
またFree Lunch Forexのポジションサイズも落としながら、
様子を見ていきたいと思います。

 

■やはりシグナルだけに頼るのは危険ですね。

 

ここまで含み損を抱えるシーンがありながらも、
結局は戻して利益に繋がってきたFree Lunch Forexですが、
現在の相場状況を考えると、今後も含み損が拡大する可能性は高いと思います。

 

いくら好調な時期があっても、
そこで勘違いして資金管理を誤っては一気に破滅に向かいます。
FXのようなレバレッジを賭けられる商品では失うスピードも速いですね。

 

現在私は3つのシグナル配信を並行していますが、
それぞれ個別に口座を分けないのにも理由があって、
シグナル配信の調子が良くなると、自分自身まで調子に乗ってしまって、
資金管理が疎かになりついついレバレッジを賭けてしまうことに
なりやすいからです。

 

それで利益が上がっている時は良いのですが、
逆に不調時は最悪です。
猛スピードで資金が減っていきます。

 

あるシグナル配信が好調でも、
他の配信が不調、あるいはプラマイゼロ、
ぐらいの場合ですと、トータルでの成績も落ち着きます。
ポートフォリオを組んでリスクの分散を図っている、
ということです。

 

私の場合「好調時に調子に乗り破滅に向かうリスク」を
減じている側面が強いです。

 

「落ち着いた状態」
これが続くことが大切だと考えています。

 

メンタルが乱されない・・・これが重要です。

 

現状のFree Lunch Forexによる含み損、
これは十分に私のメンタルを乱しうる割合になっていますので、
この対処が今後の課題です。

 

Free Lunch Forexによる含み損を抑えると利益も当然減ることになります。
そうした場合、他の二つの配信での利益の割合にも影響してきます。
他の二つで利益がどんどんと上がるような状態も、
あまり望ましくはないのです。

 

「シグナルに頼らずに裁量を磨いたらいいのに・・・」
そう思う方もいらっしゃるでしょう。

 

ごもっともです。
私もその意見には大賛成ですし、
いずれは裁量トレード一本で安定した成績を出せるようになるのが
ベストです。そこには何の異論もありません。

 

しかし、多くの人がFXで実際に利益を上げる前に退場していく現実があります。
裁量トレードで安定して利益を出し続けることは、
決して簡単なことではありません。

 

FX初心者の方、どうぞこの点は勘違いなさらないでください。
FXで利益をあげ続けるのは簡単ではありません。
自動売買で儲かるほど簡単な世界ではありません。
情報商材の甘いセールスレターを真に受けていては、
あなたの大切なお金はどんどん失われていくことになります。

 

私は幸いにしてシグナル配信の中には、
上手く活用すれば結果が出るものがあることを知ることが出来ました。
(結果が出るのに途中で挫折していく人は沢山います)

 

ですので、自分の裁量技術が十分なものになるまでの間、
FXで稼ぐことを挫折しないために今はシグナル配信を活用していこうと考えています。

 

もちろん、シグナル配信の運用には実際のところ、
あまりエネルギーは必要ありませんので、
上手く利益を出せそうなものでポートフォリオを組んで今後も続けていこうと
思っていすが。

 

裁量トレードの技量を上げる努力は絶対に必要です。
私自身、現在も試行錯誤しているところです。
上手くいくこともあれば、全く駄目な時期もあります。
結局は諦めずに成功するまで続けることしかないと思ってます。

 

 

2011年4月24日 Free Lunch Forexの含み損拡大中 はコメントを受け付けていません。 ブログ