重要!トレードを構成する3要素

SPONSORED LINK




■トレードを構成する3つの要素

 

最近の流行は「自動売買EA」なのでしょうか?
「ユニバーサルFX」という自動売買EAを、
有名なネット起業家の方々が紹介しています。

 

ですが、そうしたEAで勝てるようになるならば、
「誰でも利益を出せる」ということになりますよね?

 

そんな話はありえないです。
市場が成立しません。

 

所詮ゼロサムゲーム(勝っている人がいる一方、必ず負ける人がいる。
そしてその総和は常にゼロ)であるFXにおいて、
全ての人が勝つ(あるいは負ける)ということはあり得ません。

 

そうした大多数の人が用いられるようなものを使用することは、
FXにおいては負け組に位置する、ことに他ならないと
思いますがいかがでしょうか?

 

さて、前置きはこれくらいにしておいて、
今日はトレードを構成する3つの要素について書こうと思います。

 

トレードはこの3つの要素、どれが欠けても成り立ちません。
さらにそれぞれには優先順位があります。

 

1.資金管理

 

まず最初がこの資金管理です。
トレードをある程度経験されている方であれば、
この資金管理がまず第一の要素として取り上げられることに
納得されるはずです。

 

トレードは、詰まるところメンタルの戦いです。
これに気付いていな方はまだトレード経験が浅いか、
よほど自己管理がしっかりしており、大きな痛手を負っていない
人ではないでしょうか?

 

メンタルが安定しなければ、トレードでは安定した成績を
出すことは出来ません。

 

ならばメンタルを安定させるにはどうすればよいのか?

 

メンタルを強化する、
という言葉が用いられることがありますが、
私自身は、

 

メンタルは強化できない

 

と考えています。

 

強化は出来ないが、コントロールは出来ると思います。
そのコントロールの手段が「資金管理」だと思っています。

 

勝っても負けても大したことない、それほど気にならない、
というレベルに損失を限定すること、
これが資金管理です。

 

利益は相場次第であり自分ではコントロールできませんが、
損失はあらかじめストップを設定することで限定することが
出来ます。トレードを開始する時点で、リスクを限定でき、
それ以上に損失が出る心配をすることもありません。

 

適切に損切りできるかどうか?
たったこれだけで、初心者と中級者に分けられるのではないでしょうか?

 


2.相場背景の認識

 

多くの人は「売買ルール」さえ知れば儲けることが出来ると考えていますが、
実際はそんなに単純なものではありません。

 

売買ルールならば、実は情報商材などでいくらでも入手できますよね?
ですが、実際に儲けることが出来るようになった人は、
どれくらいいるのでしょうか?

 

ほんの一握りだと思います。

 

私が裁量トレードを学んだ一番の教科書、
ビクトリーメソッドアドバンスでは、
このあたりのことも書かれています。

 

売買ルールの前に、
その時の相場背景を適切に認識できていなければ、
どのような売買ルールが機能するのか?
ということを判断できません。

 

売買ルールよりも、相場背景の認識がまずありき
なのです。

 

3.売買ルール

 

多くの人が興味を持つ売買ルールは、
実は3番目の位置づけです。

 

資金管理、相場背景の認識、
これらが無い状態で売買ルールのみが存在しても、
決してトレードで稼ぎ続けることは出来ません。

 

しかし、優位性のある売買ルールがないことには、
これもやはり相場で儲け続けることは難しいでしょう。

 

情報商材などで、売買ルールを簡単に入手することも出来ますが、
実はその売買ルールが優位性があるものであっても、
自分自身が使いこなせるかどうかは分かりません。

 

売買ルールは、あくまで自分のスタイルに合ったものでなければ
継続していくことが出来ません
。継続できなければ、途中の
ドローダウンで簡単に挫折し、本来優位性を持つ売買ルールでも
投げ出してしまう可能性があります。

 

売買ルールは、自分のスタイルに合ったものを
作り上げていく」という作業が必要になります。

 

資金管理、相場背景認識、ときて、
あとは売買ルールだけ、なのですが、
この売買ルールの確立も一筋縄ではいかないのですね。

 

トレードは簡単ではありません。

 

2011年3月9日 重要!トレードを構成する3要素 はコメントを受け付けていません。 ブログ