常用トレードパターン②上昇トレンド中のもみ合い上抜けを狙う

 上昇トレンド中のもみ合い上抜けを狙う

 

私が常用するトレードパターン②として、今回は

上昇トレンド中のもみ合い上抜けを狙う

トレードをご紹介します。

 

今回のトレードは2014年11月5日に行ったドル円1時間足のトレードですが、

比較的分かりすい場面でした。

 

今回のトレードはチャートパターンとしては、

所謂「フラッグ」というものになりますが、

良く紹介されるチャート画像としては、

以下のようなものがあると思います。

FX ペナント フラッグ ウェッジ トライアングル の画像

ここで紹介されている「フラッグ」チャートパタンのように、

トレンドラインを上抜けしてすぐに上昇しくことはそれほど多く無く

慎重さが必要となります。

今回行ったトレードでもそうでした。

 

 

 まずは日足での相場背景を確認する

 

常用トレードパターン①ダブルエッジを意識した押し目買い・戻り売り

でも説明しましたが、まずは環境認識、相場背景の確認を行うことが重要です。

このプロセス無くして「トレード手法」にばかり着目しても、

長い目で勝ち続けることは難しくなります。

 

今回のドル円ですが、

ちょうど日銀黒田総裁の追加金融緩和発表により、

円安が大きく加速、ドル円も急激な上昇を見せていた局面です。

 

以下が日足チャートとなります。

 

ドル円2014年11月5日上昇トレンド中のもみ合いからの上抜けを取る 背景となる日足の状況

 

週末の金曜日は長い陽線で確定し、

さらには週明け「上窓開け」でスタートしさらに上昇。

火曜日は上昇一段落で下髭を付けた実体の短い陰線で終了しています。

上のチャートの○印で囲んだ部分ですね。

このローソク足のパターンは、さらに上昇していく可能性が高いパターンです。

上昇中の短い実体の陰線

これはその後も上昇していく局面でよく見られますので、

覚えておくと良いでしょう。

 

 

さて、こうした相場背景を確認したうえで、私はロング目線で入れるポイントがないか

探していました。

次はドル円1時間足のチャートです。

 

ドル円2014年11月5日上昇トレンド中のもみ合いからの上抜けを取る1時間足

 

先に紹介した「フラッグ」パターンではありますが、

下降のトレンドラインを抜けた後も、しばらくもみ合っています

こうした展開を取ることが多く、その際、新たなレジスタンスラインを見ることができます。

このレジスタンスラインを実体で超える

これをもってエントリーポイントと私はしています。

 

ただし、今回はその前のローソク足の状況も考えて、

※エントリー2本前の陰線も、下髭を付け、さらに実体もMAでサポートされている

※次の足は短い実体の上髭陽線だが、実体はMAでサポートされている

※さらに次の足は実体の短い陽線で確定、さらに実体がMAでサポートされている

こうした状況を考え、「上げていきそうだな」と考え、リスクをとってエントリーしました。

 

エントリー後は、予想通り上げていき、

利食いは10SMAを割り込んだところで行いました。

80pips強を獲得できました。

 

 

損切りポイントは直近安値の下に設定していましたから、

30pipsちょっとですので、今回もリスクリワードとしては2を超えるトレード

ができました。

 

今回のトレードのポイントは、

トレンドラインを突破した後はもみ合うことが多いため、

しばらく様子を見て方向感が出てからトレードする

ということになります。

 

トレンドライン、レジスタンスライン、

こうしたラインを意識することは勝率向上につながります。

私自身は「ライントレード」については、

以下の教材を参考にしました。

→ ライントレード教材

 

FXは継続的な学習が必要ですし、常に色んなトレード手法を学んでみる姿勢も

重要だと思います。ですから私はノウハウコレクターは悪いことだとは

思っていませんし、私自身も完全なノウハウコレクターです。

学習を止めてしまうことの方が最悪です。

 

FXに限らず当然のことではあるのですが、

「簡単に」「誰でも」儲かるノウハウなど存在し得ませんし、

自分自身の「府に落とす」レベルまでの努力はどうしても必要です。

それを受け入れて学習を継続していきませんと、勝てるようにはなりませんね。

 

 

2014年11月9日 常用トレードパターン②上昇トレンド中のもみ合い上抜けを狙う はコメントを受け付けていません。 FXトレード手法