FXは情報商材を買えば儲かるようになる!?いいえ、なりませんよ。

FXを始めた初心者の方、

あるいはしばらくトレード経験を積んできた方の中にもいるかもしれませんが、

「FXの情報商材」を購入すれば、

それで自分も儲けられるようになる!大金持ちになれる!

と本気で考えている人がいるとしたら、それは残念ながら幻想です

もしも、情報商材を次から次へと購入し、

「これもダメ、あれもダメ・・・」

となっている方がいるとしたら、

根本的な問題をはき違えているのでそれに気づきましょう。

 

SPONSORED LINK




 

そもそも、

単に情報商材を購入するだけで皆が利益を出せるようになるのであれば、

世の中に貧乏人は皆無

になります。

ですが、現実は御存じの通りお金に窮している人は大勢存在します。

 

FXの情報商材は、

どのセールスレターも非常に魅力的に、購買意欲を掻き立てますので、

そうした気持ちになるのも理解できるのですが、

少し冷静になって考えてみれば、そうした事は成り立たない

ということは自明です。

 

 FXはゼロサムゲームである

 

FXはあくまでゼロサムゲーム であり、

基本、誰かが勝つのであれば、その裏には必ず敗者が存在します。

勝者の側に回りたいのであれば、必ず他者に勝たなければなりません。

それは正に

弱肉強食 であり、

実力が多分に物を言う世界

戦争 とも呼べるものだと思います。

 

 FX情報商材は真面なものが増えた

 

FXの情報商材も、黎明期の頃に比べると内容が非常にまともな物が

増えてきたと思います。

2007年、2008年ごろの情報商材は今よりも非常に高額

(1商材5万円以上が珍しくありませんでした)で、

内容も陳腐なものが非常に多かったのですが、

現在の情報商材というのは、よほどのハズレ商材でもない限り、

教材として耐えうるものだるという印象を私自身は持っています。

もっとも、今では情報商材を購入することは激減しましたが。

 

つまり、どの教材でも、

FXで利益を出すにあたっての基本的な内容というものは伴っているわけです。

 

 では、なぜFX情報商材を購入しても勝てるようにならないのか?

 

情報商材にはまともな事が書かれてあるのになぜ勝てるようにならないのか?

それは、トレードルールを知ることができても、

それを真に理解しなければ、

忠実に実践することが出来ないし、

何より相場とは大衆心理を表すものですから、

型通りには動きません。

思い通りに勝てない時には感情的なトレードをしてしまうこともあるでしょう。

FXトレーディングは人生に例えられるほどに様々な場面を見せてくれます。

教科書通りには事は運びません。

 

必ず実践経験を深く積んでいく必要がありますし、

そうした経験の中で、そのトレードルールの優位性を、

腑に落とす 」「身体に染み込ませる

必要があるのです。

 

こうしたプロセスを経ることなく継続的に利益を出そうというのは、

少々都合の良すぎる話と言わざるを得ないでしょう。

 

単にトレード回数を重ねていけば良いわけではなく、

トレード記録を付けていくこと 」が重要です。

 

この作業無しにはトレードスキルはなかなか向上していきません。

自分の陥りやすい負けパターン、よく犯してしまうミストレード、

あるいは自分の得意な勝ちパターン、

そうしたものを記録していくことで、

自分のトレードに対する信頼性が高まりますし、

改善点を見つけていくことが可能になります。

2015年4月10日 FXは情報商材を買えば儲かるようになる!?いいえ、なりませんよ。 はコメントを受け付けていません。 FX初心者の方々へ