韓国チェ会長のトレードを反面教師として学ぶ、損切りの「超」重要性!

今回はFXにおける損切りの重要性について書きたいと思います。

損切りが重要である、ということを認識している人は多いと思いますが、

私自身はFXはまず損切りすることからスタートする

と考えています。

 

適切な損切りが出来ない人は本質的には

初心者の域を脱していないとも言えると思います。

損切りは非常に重要な技術であり、まず第一に覚える技術であり、

最大の重要事項と言っても過言ではないかも知れません。

 

ここに私自身が正に身をもって経験した悪例を紹介しながら、

損切りの重要性について理解していただければと思います。

 

SPONSORED LINK




「APURO-6」トレーダー、チェ会長に委託した運用での出来事

 

私は以前、プログレスマインド社が提供するシグナル配信サービスを受けていました。

APURO-6という名称のサービスで、トレーダーは韓国のチェ会長という方でした。

チェ会長については、プログレスマインド社のHP上には、

韓国「アプロ・ホールディングス社」の、現「主席ディーラー兼会長」でもあり、

現在、約20億円を「元本保証」にて運用、たった1人で毎年数億円の利益を生んでいるという、

まさに現役の韓国トップレベルディーラー。また、当社組成ファンドの運用者でもある。

と記されています。

 

「韓国トップレベルディーラー」ということでしたが、

結論から言うとこのAPURO-6というシグナル配信は、

全く利益を出すことなく解約することになりました。

 

契約したのが2014年6月初旬、

解約したのが9月初旬。投資資金200万円は92万円に減少していました。

わずか3ヶ月間でこれだけの資金減少ですから、

資金管理もお粗末としか言いようがありませんが、

思惑から外れたポジションを延々と損切りをしなかったために、

損失がどんどんと膨らんでいく・・・そんなトレードでした。

 

解約してこれで終わりにしておけば良かったのですが、

その後諸事情あって、もう一度このチェ会長に運用を委託することとなりました。

原資はまた200万円。海外ドル建て口座でしたから原資は17400USD程度。

運用開始は2014年11月20日からでした。

 

最初のトレードはUSD/JPYのロングで、これは一時期含み損を抱えながらも、

利益で決済するこになり、原資は18200USD程度に。

 

そしてここからが問題でした

 

次のポジションメイクは2015年1月5日。

当時、下降トレンドが明瞭であったユーロドルでのロングでした。

トレンドに逆行するポジションメイクに不安を覚えましたが、

チェ会長には何らかの戦略があるのだろうと、そう考えていました。

 

ですが、結果的には下がってもただただ耐え忍ぶだけ。

含み損が日に日に拡大していき、ついには身動きのとれない状態と

なっています。

 

原資18200USDに対して含み損が11500USD以上・・・

下のチャートをクリックしてくだされば証拠画像が見れます。

APURO Holdings 含み損証拠チャート 編集済み

 

ここまでに大きな含み損を抱えるのは、

正直トレードとしての戦略があったとは思えません。

たんに逆行しても損切りできない「初心者のトレード」を見ているようです。

 

シグナル配信や委託運用に頼ろうとする他力本願の姿勢を変えよう

 

 

ですが、こうした結果になることは珍しいことではありません。

このチェ会長はプログレスマインドが提供していたサービス、

「APURO-6」というシグナル配信を担当していましたが、

数ヶ月の間に原資をほぼ0にしていますし、

そして今回の委託運用でも半年も経たないうちにまたも

原資を0にしそうな勢いです。

 

委託運用だけではありません。

私は過去に10以上のシグナル配信のサービスを受けてきましたが、

どんなにセールスレターに大言壮語が書いてあったとしても、

実際の成績は無残なもので、継続した利益になるものは、

これまで一つもありませんでした。

 

私はこれらのサービスで総額1000万円近いお金を失ってきました。

しかし、それ以上に大きかったのは、

自分の時間を浪費したことです。

 

この時間を自身の裁量トレード向上に費やしていれば、

今頃はもう少しまともなトレーダーになれていたことでしょう。

 

こうしたサービスには確かに甘い誘惑です。

「楽して儲けられる」それが本当であれば是非ともそうしたい、

そう考えるのは人間のサガでしょう。

 

ですが、実際にはそんなものは存在しません。

何度も何度も、本当に愚かなまでに何度も何度も同様の間違いを犯し、

その上でようやく悟るのです・・・

他人に頼ってはいけない 、と。

 

×マークをする男性

 

シグナル配信や委託運用にお金を入れたとしても、

一時的に増えることはあるかもしれませんが、

それが継続することはまずありません。

 

そんなものにお金を入れるぐらいなら、

自身の裁量トレードを磨きましょう。

 

裁量トレードのスキルは一生モノです。

時間と場所を選ばずお金を生み出すことが可能です。

これは多くの人が考える以上に価値の高いスキルだと思います。

自分が身につければ、自分の子供に継承できるでしょう。

その金銭的価値はどれほどかわかりません。

諦めずに継続していれば必ずスキルは向上していきます。

 

少々損切りの話からはずれましたが、このブログの読者の方には、

兎に角裁量トレードを諦めずに継続していっていただきたいと思います。