ある程度裁量トレードで勝てるようになった時の落とし穴「メンタル崩壊トレード」

 

FXではある程度経験を積んでくると、

相場状況と自分のトレードスタイルが合致した状況では、

連戦連勝、時には大勝もはさんで、とにかく負けない、勝ち続ける、

という状態になることがあります。

 

ですが、それを自分の実力だと勘違いしてしまうと、

後で大きな落とし穴に嵌ることがありますので注意が必要です。

私自身、何度この「落とし穴」に嵌ったことか・・・

 

SPONSORED LINK




自分の実力以上に勝てる時、というのはあるのです

 

これは私自身の話ですが、トレードスタイルがトレンドフォローですので、

トレンドが発生しているわかりやすい相場状況では、

非常に勝ちやすい、時には連戦連勝、大きく勝てる、

という時間帯が存在します。

 

アゲアゲなサラリーマン

 

ですが、

これは自分の裁量トレードの実力が向上したわけではなく

単に自分のトレードスタイルと相場状況が合致していた

ということに過ぎません。

 

決して自分の実力で勝てていたわけではないのです。

利益が出ているわけですから確かに実力は向上しているのかもしれませんが、

相場状況に応じて臨機応変にトレードスタイルを変化させて対応できるほどの

実力や環境認識のスキル、経験はありませんでした。

 

必ず苦手な相場はやってくる

 

相場においては、

トレンドが発生しているのは全体の3割にも満たないと言われていますので、

必ずレンジ相場が訪れます。

私の場合は苦手な相場です。

 

そうなった時には、私の場合は勝ちづらい、月間で損失が上回る、

という時もあります。

 

以前の自分は少し調子が悪くなると、

「なんでこれだけ調子良く勝てていたのに勝てなくなったんだ!?」

と感情的になることがありました。

自分のトレードスタイルと相場状況が合致せずに勝ちづらくなる時がある

といことを理解し受容することができていなかったのです

 

勝てない時は当然連敗が発生します。

連敗すると、その損失を取り戻そうと、さらにトレードを重ね、トレード過剰に陥ります。

こうしたサイクルを経験している方は多いのではないでしょうか?

そこで冷静になって一旦トレードを休止できれば良いのですが、

自分はかなり短気な性格で、連敗した時には、

「損失を一気にとりかえしてやろう!」と考えることが少なくありませんでした。

「取り返さないと気が済まない!」というのが正確かもしれません。

そして、資金管理を無視したレバレッジを掛け過ぎたギャンブルトレードをすることになります。

得てしてそうしたギャンブルトレードは負けることになります。

大損失です。

普段よりもレバレッジを掛けているのですから。

 

怒り 鉄拳のキャラクターみたいな男性

 

そこで踏みとどまって、トレードを休止して頭を冷やす、ということができればいいのですが、

私にはそれが出来ませんでした。

完全にメンタルが崩壊し、

「絶対取り返してやる!」

という自己都合の一方的な感情を押し付けた、無謀なトレードをしてしまいます。

資金管理もなにもありません。

普段の10倍、100倍のサイズのポジションをとり、

その行き着く先は火を見るよりも明らかです・・・

 

これがメンタル崩壊トレードです。

大損失の後は放心状態になり、トレードへの意欲が完全に失せます。

みなさんも経験ありませんか??

 

FX裁量トレードにおいてメンタル管理は非常に重要です

 

裁量トレードのスキルもある程度向上してきた。

月間トータルで利益を出せる月もある。

だけどどうしても調子が悪い時にルールや資金管理を無視したトレードをしてしまい、

安定した成績が残せない・・・

そういう方はかなりいるのではないかと思います。

 

私自身も未だにこのメンタル管理には苦しんでいます。

これは個人の特性の部分もあるでしょうが、

メンタルを安定に保つことはFXで勝ち続けるためには非常に重要であると思います。

ここが乱れるとたとえ

どんなにスキルが向上しようとも一瞬で資金を失う可能性があります

 

特に、

ある程度経験を積んで利益を出すことができるようになってきた頃が要注意

な時期でもあると思います。

 

自分の実力を過信していると、トレードで勝てない時、連敗した時に、

感情的なトレードに陥ることがあります。

そういう状態ではトレードで利益を出すことは非常に難しいでしょう。

 

青い池 安定したメンタルのイメージ

 

結局のところ、

「余裕資金でやる」

「損切りは総資金の2%まで」

「トレードチャンスを待つことが大事」

「損切りは必ず行う」

これらのFXで勝ち続けるために大切である、と言われていることは、

突き詰めれば「メンタルを如何に安定に保つか?」 ということのための方策だと思うのです。

 

私自身は現在は、

「メンタルさえ安定していれば年間で利益を出すことは十分可能だな」

という感覚があります。

トレードスキルはまだまだ未熟だとは思いますが、

それでもトレンドのパワーで利益が出る月がありますから、

冷静にそこを待てれば良いのかな、忍耐がいる時間帯に冷静にいられれば、

年間では利益が出るだろうなという感覚があります。

 

自分の実力を過信しない、

どうしたって上手くいかない時間帯があることを理解する、

だから必要以上に感情的にならない、

これを理解し受容するのに自分は随分と時間を要しましたし、

まだ完全に受容している状態には至りません。

FXは奥が深いですね。

2015年4月21日 ある程度裁量トレードで勝てるようになった時の落とし穴「メンタル崩壊トレード」 はコメントを受け付けていません。 FX裁量トレード上達のための学び