Free Lunch Forexのレビュー・検証・実践①

 

■Free Lunch Forexのレビュー・検証・実践


初月無料でお試しできるFX版サヤ取りシグナル配信、
Free Lunch Forexですが、私は2010年12月から試しています。


そもそも、このFree Lunch Forexを試してみようと思ったきっかけは、


●以前から「サヤ取り」というものが大富豪が取り入れていた
手法であるということを何処かで見ていたから


というのが一つ、


もうひとつは


●ドル円タイミング配信が2010年通年で低調であったこと


という2点です。


正直、「サヤ取り」というものがどういうものであるのか?
自分はまだ正確には理解していません。
情報もあまりありませんよね・・・FXのサヤ取りというのは。


相関性のある通貨ペアが乖離を示した時、
その乖離は埋まる、だからその方向へポジションを取る・・・


しかし例えば、
EUR/JPYを買う、GBP/JPYを売る、
というのは同一通貨量であれば、
EUR/GBPの買い、と同一ですし、
EUR/GBPにトレンドが発生してしまったら、
(=相関性崩壊)
乖離は埋まることなく広がっていく可能性もあるのでは?
という疑問を抱いてしまいます。


セールスページに書かれている文章を抜粋し、
確認します。

↓↓


基本的に、売りもしくは買いポジションの一方しか保有しない
片張り手法のように買ったところから上がるか下がるかで利益を
狙っていくものではありません。


この投資法では、相関性のある2通貨を選択して、
どちらかを買い、どちらかを売りとしてポジションを取っていくのです。


相関関係とはチャートの動きが似ていれば似ているほど相関関係が強く、
逆の動きになればなるほど相関関係が弱いと言うことになります。


つまり、相関関係の強いある2つの通貨ペアを同時に売買して、
片方ではマイナス・もう片方ではプラス、
そしてトータルでプラスにしていく・・・
とういうのがこの投資法の基本的な考えです。


もう少し具体的にすると、


仮に、このルールを使って「ドル円」と「カナダ円」の
相関関係が強いと判断したとしましょう。


価格差が「ドル円=100.0」で、「カナダ円=80.0」。

この価格で、「ドル円」を「売り」、「カナダ円」を「買い」、
それぞれ10万通貨で取引したとします。


その後・・・


「ドル円=99.0↓」「カナダ円=80.5↑」となったので、
ここで両方を一度に決済しました。


するとその結果は。


ドル円:100.00 - 99.00  =
+1.00(1円) →  10万円の利益


カナダ円:80.00 - 80.50 =
-0.50(50銭) →   5万円の損


総損益 = 100,000円 - 50,000円 =
5万円の利益


今ご覧になった利益の出し方が、この投資法の基本です。


このように、相関(歪み)を利用したロジックなので、
暴落・暴騰局面でも片方の通貨ペアですごくマイナスが出ても、
もう片方の通貨ペアではかなりプラスになり、
トータルでは損益をプラスにすることが可能になるのです。


しかし、
この相関関係が崩れたら通用しないという危険性はあります。


でももし、
この危険性をほんの少しでも抑えることができれば・・・


実は、
それだけ比較的安全に資産を増やしやすくすることに繋がります。


しかし、この相関関係が崩れたら通用しないという問題を、
自信を持って解決できたという方に、
私は日本ではこれまで一度もお目にかかったことがありません。


そんな簡単に易々とできることではないのです。


私の意見はこの辺にしといて、話を戻しますが、
では、「真・相関性理論」では一体どうやってこの危険性を
回避しているのか?


苦労して手に入れたロジックの完全公開となってしまうので
今ここではさすがに全てをお話することはできませんが、
答えのヒントを言えば。


いいですか、言いますよ

21通貨ペアを投資対象にして、常に、
下図のような状態になるよう意図的に状況を作り出すことで、
手堅く利益を拾っていきます。


仮に、1つの通貨ペアで、大きくトレンドが発生していたとしても、
21通貨ペアの中のどれかで逆に大きくトレンドが発生していますので、
結局は全体的な大きな視点でみると、
一つの枠の中で反転を繰り返しているにすぎないのです。


もう少し具体的なヒントを言いましょうか。


基本は今言った、


ミスプライシングの収斂性を利用しながら利益を積み重ね状況により
そこから発生するリスクは、21通貨ペアを対象にしながら
値動き自体を最も大きな視点で捉えバランスを取るということと、
そこに資金配分の優位性も加味してリスクを抑えていきます。


これに更に、トレンドの方向観を監視するロジックの動向を考慮しつつ、
全体的な動きを捉えリスクヘッジをかける事で問題を解決して、
リターンを維持できるようにしてあるわけです。


難しい話はこの辺にしましょう。


つまり、よくみかける投資方法とは全く次元が違うものだと
認識してください。


そしてこのような考え(ロジック)が、
1年を通して安定的に利益が獲得できる理由です。


↑↑


うーんん、基本的に核心部分は分からず、ということですね。
ただ、他の多くの情報商材の販売者と同様、
自信は満々、あふれんばかりですね。
(全く信用はできませんが・・・)


まあ私の性格としては、
「まず試してみる」というのがありますので
今回もとりあえずスタートしてみた、
というのが実情なのですが・・・


現在まで(2010年12月~2011年3月現在)、
途中含み損を抱えることはありつつも、
なんとか毎回プラス決済出来ていますね・・・
不思議な感覚ですが。


先日のクロス円暴落時も、クロス円の通貨ペアで
ポジションを持っていましたが、含み損の拡大はなく、
むしろプラスに動いていました。


■Free Lunch Forex 2010年12月~2011年3月途中までのまとめ

 

Free Lunch Forexのここまでの実践成績をまとめてみます。
一度のポジションは0.2ロットずつ取っています。


2010年12月・・・+89560円(+447.8pips)
2011年1月・・・+54380円(+271.9pips)
2011年2月・・・+34240円(+171.2pips)
2011年3月・・・+90820円(+454.1pips)


上記のようになります。


基本的によほどのことがないと損切りはないようですので、
毎回プラスにはなるのですが、
裏では含み損を多く抱えることになります。


私の場合、最初資金50万弱でスタートしたのですが、
0.2ロットでも一時含み損が10万を超えていた時がありました。
(4~5通貨ペアでポジション保有)
全資金の20%もの含み損です。
これはリスクを取り過ぎだな、と感じましたので、
今後は少し口座に資金を補充し、資金100万で0.2ロットずつの
トレードをしていこうと思います。


これならば、10万の含み損でも、総資金の10%に
限定されます。


ワントレードにおけるリスクが10%、というのは明らかにリスクを
取り過ぎであると感じますが、このFree Lunch Forexの場合、
含み損があっという間に拡大する、というケースはこれまで
皆無でした。


含み損も比較的緩やかに拡大していくようなケースが多いため、
メンタルへの影響は他のトレード方法よりも少ないと思います。

 

ロジックの核心部分が不明ですから、
大きなロットではトレード出来ませんし、
自分自身の資金管理が重要ですね。

 

当分このシグナル配信は継続していく予定ですが、
以前確か山根亜希子さんが同様のFXサヤ取りシグナル配信を
日本投資教育出版から出していたと思うので、
そちらの募集が再開されたら受講してみようと思っています。


 

2011年1月FX投資成績

 

2011年1月のFX投資成績を公開します。
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)を使用しています。

 

●ドル円タイミング配信
●Free Lunch Forex
●FXプロフィットマキシマイザ


という3つの手法で並行してトレードしています。


2011年1月のトレード成績はコチラ

↓↓ 

http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201101.pdf


ドル円タイミング配信  ・・・+ 6180円
Free Lunch Forex    ・・・+54700円
プロフィットマキシマイザ・・・+63812円


合計12万強の利益が出ました。


原資が57万ほどでしたので、
やはり先月に続き月利20%もの数字が出ています。

 

■2011年1月のFXトレードの反省


先月に引き続き、月利20%もの数字が出てしまっています。


プロフィットマキシマイザがかなり好調でした。
全て0.1ロットでトレードしていましたので、
プロフィットマキシマイザで+600pipsオーバーでした。


ドル円タイミング配信は恐る恐る再開。
0.2ロットで+6千円程度ですので、
こちらは微々たる利益にとどまりました。


そして、Free Lunch Forexですが、
この月もプラスを積み重ねています。
含み損も大きくはなく、ストレスはあまり感じなかったように
記憶しています。


総じて言えることは、
まだレバレッジが高い、ということですね。


1回の損切りはFree Lunch Forexを除けば、
2~4%程度に収まっていますが、
プロフィットマキシマイザはトレード回数が多いため、
ポジションが重なり連敗する可能性もあります。


この月はたまたま良い方向へ動いただけですね。


ただ、以前のデイトレスタイルとは違い、
ゆったりとトレードしているので、
急激に含み損が増えるとか減るとか、
そういった場面は少ないため、
多少のリスク・・・今の自分の感覚だと総資金の10%程度、
までなら許容できる=メンタルの安定性が保たれている、
という感覚もあります。


手法を3つ、並行している場合の理想的な
リスクの取り方を実践しながら自分でつかんでいくしか
ありません。


まだ明確な答えは持ち合わせていません。


 

2010年12月FX投資成績

2010年12月のFX投資成績を公開します。
IGマーケッツ証券を使用しています。


私は2011年3月現在、
このIGマーケッツ証券では、


●ドル円タイミング配信
●Free Lunch Forex
●FXプロフィットマキシマイザ


という3つの手法で並行して
トレードしているわけですが、
2010年12月は取り組み始めたFree Lunch Forexのみの
取引となりました。


※ドル円タイミング配信は成績不振のため
一時中断していました。


※FXプロフィットマキシマイザは、2010年12月末に
購入したため、まだ実践はできませんでした。


2010年12月のトレード成績はコチラ


→ 

 

http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201012.pdf

 

 

■2010年12月のFXトレードの反省


Free Lunch Forexのみ、0.2ロットで8万強の利益が出ていますが、
これは正直資金管理を完全に誤っており、
ハイレバレッジなトレードがたまたま運よく勝てただけですね。


元本は50万弱でしたから、
実に月利20%にもなろうかという成績でした。


Free Lunch ForexはFXにおけるサヤ取りのシグナル配信ですが、
基本的にほとんど損切りが発生せず、勝率は高いのですが、
大きな含み損を抱えることがあります。


この2010年12月はたまたま大きな含み損もなく、
比較的短期間で利益確定までの動きが出てくれたので
こうした良好な成績となりました。


2010年12月、2011年1月、2011年2月と
既に3カ月このサヤ取りシグナル配信を実践していますが、
比較的大きな含み損を長期に渡って抱えることになります。


0.2ロット同士のペアで、
約10万~15万ほどの含み損が発生している時期もあります。


元本50万でこの含み損は大きすぎますね。


口座に資金を補充するか、ロット数を落とすことが
必要になるでしょうね。


 

東北地方太平洋沖地震における著名人の寄付額に思う

東北地方太平洋沖地震における著名人の寄付額に思う

 

■被災された方々へ


今回の地震で被災された多くの方々、
心よりお見舞い申し上げます。
皆さまの健康と一日も早い復興をお祈りいたします。


また、特に岩手・宮城・福島では甚大な被害が出ており、
二次災害も懸念される状況ですが、どうか気持ちを落とさずに、
この国難とも言える大災害を乗り越えていただきたいと思います。


私も微力ながら、募金活動に参加させていただきました。


ヤフーサイトからの募金、さらには下記のようなサイトも
今回知ることができ、私も参加しました。


http://justgiving.jp/


私は現在は札幌に住んでいるものの、
仕事で長い期間、青森県に住んでいました。

 

また、私の妻の知人は、この地震による津波で家を失ったそうです。


いとこは仙台に住んでいて、避難所生活を送っています。
まだ1歳に満たない子供がおり、さぞ不安も強いことだろうと
思います。連絡が付いたのは地震発生からまる二日経過
してからでした。


大学時代の友人の実家は気仙沼です。
テレビで見たあの悲惨な映像はすぐには現実のものとは
理解できず、まるでパニック映画のワンシーンかの
ようでした。


青森の友人とも幸いにもすぐに連絡が付き、
停電以外には大きな被害はないとのことでした。


今回の地震は自分にとっても、全く他人事ではなく、
私はたまたま運よくこの災害を免れているだけなのだと
思いました。


今後も自分にできることをやっていきたいと思います。
単発の寄付ではなく、継続的に支援をしていきたいと考えています。


被災された方々、
どうか前向きに、必ず事態が好転する時が来ますので。

 

■この大災害で一層感じた「お金」の力


こんな状況にお金の話も恐縮なのですが、
しかし重要なことであると思いますのでお話させていただきます。


今回、この国難とも言える大災害において、
多くの著名人の方々が皆の先頭に立って、
またある人は無言で、莫大な金額を寄付されています。


代表的な方々を挙げてみます。


●ユニクロの柳井会長:個人資産から10億円
●キャスターの久米宏さん:2億円
●メジャーリーガーのイチロー選手:1億円
●日本ハムのダルビッシュ選手:5千万
●歌手の安室奈美恵さん:5千万円
●メジャーリーガーの松井選手:5千万円以上
●阪神タイガースの城島選手:1千万円


などなど・・・ここに挙げたのは極一部であり、
ほかにも沢山の著名人の方々が寄付を行われています。


※海外の著名人の方々の寄付情報は信憑性に欠ける情報も
あるとのことで、上記では除外しております。


上記の著名人の方々は、私が知りうる金額の大きな
方々を挙げたのですが、その金額の大きさに、
ただただ唖然とするばかりです・・・


そして、純粋に素晴らしいと思いました。


寄付にあたってそれを公言する人は少なく、
一人でも多くの命の救助そして復興を純粋に
願っての行動だと思います。


私自身も寄付はしましたが、
その金額は微々たるものです。
もっと社会に貢献したいと考えていても、
現実には毎日の仕事から離れるわけにもいかず、
テレビから伝えられる惨状に胸を痛めることしか
できません。


現地の人に必要とされる物資、
それは現場の人にしか本当のニーズは分からず、
こちらからの一方的な物的支援は逆に迷惑行為となる
可能性もあるそうです。


そして、最も合理的な支援はやはり


「お金」


であると、とある阪神大震災経験者の方のサイトを見て
知りました。


こうした時こそ、「お金」が必要なのですよね。


自分の無力さを嘆いてばかりでも始まりません。
少しでも貢献できる金額を上げていくためには、
自分自身の経済力を上げるしかない。


お金は決して綺麗ごとばかりではありません。


家族がいる人ならば、まずは第一に自分の家族を
守らなければならないだろうし、それすら出来ない人間に、
まして他人を助けることなど出来ないでしょう。


もっと圧倒的に稼ぐ力を身につけたいという衝動に
駆られますが、その感情は投資の世界では御法度です。


様々な感情が交錯して思考がまとまりきりませんが、
「このままではいけない」という感情を新たにした
1週間でした。

免責事項と「投資は自己責任」についての確認

■免責事項と「投資は自己責任」についての確認


・このブログ内での記載は、あくまでも私一個人の考えであって、
万人に共通するものではありません。当然読者のみなさんとの間で、
考え方に相違がある場合も想定されますが、一個人の考え・意見として
捉えておいてください。よろしくお願いします。


・あまりありきたりなことは言いたくはありませんが、
やはり基本中の基本なので確認させていただきます。
投資は自己責任であり、このブログ内の記載も、
読者の皆さんの利益を保証するものでありません。
単に私自身は自分の考えのもとでこのような投資を行っていますよ、
という位置づけです。


・真の意味で「投資は自己責任」という言葉を理解し実践出来ている人は、
非常に少ないと思われます。これは私自身の経験からも言えます。
私も以前、「甘い投資話」に乗せられて失敗したことが何度かありました。
一度ではありません。我欲とは恐ろしいものです・・・
投資に限らず自分の行動には責任を持たなければなりません。
お金が絡むと感情的になりがちですが、感情面のコントロールなしに
投資で成功することは難しいと思われます。


・「このブログの通りにやって損をした。どうしてくれるんだ。」
仮にそんな事を言う人がいるのならば、その人に言える言葉は
「投資はやめてください。それが一番あなたの為です。」になります。
投資に責任を持てない人は、残念ながら投資で利益を上げられるようにも
なりません・・・
折角のお金を無駄にしないためには、「投資はやめること」です。


・完全なる他力本願の精神では恐らく相場で儲けることの以前に、
人間として生きていく上で問題が生じると思われます・・・
厳しい言葉ではありますが、至極当然のことでもあります。
私がわざわざ言わなくとも、皆さんも当然気付かれていると思います。
最終的には裁量トレードで利益をあがられるようになることが
理想的
です。


・当ブログで紹介している「シグナル配信」についても、
それひとつのみに依存した状態では決して永続的な利益を
得られることはないでしょう。
あくまでも手法の一つとして、
それのみに完全に依存することがないように心掛けてください。
仮にそうした状態にあるならば、それは非常に危険な状態ですので、
すぐに改善策を講じるべきです。
これも私自身が経験しているからこそのお願いです。


・良く内容を見ていただければ分かりますが、
私は決してスーパートレーダーでもありませんし、
専業トレーダーでもありません。
私の基本スタイルは「かける時間を最小限に抑え、
ゆったりとした精神状態を保ちながらトレードを継続していく

ことです。
圧倒的なパフォーマンスをお望みでしたらそのご希望には応えられません。

 

また、「圧倒的パフォーマンスを求めないこと
が私自身が今までの経験から学んだ
トレードでも利益を上げ続けるための秘訣
でもありますので、その点はご理解下さい。