2011年5月FX投資成績途中経過

■2011年5月FX投資成績途中経過

 

2011年5月14日現在のFX投資成績です。

法人口座はIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)を使用しています。

 

プライベートで色々あって中々記事作成に取り掛かれる状況では無かったのですが、

ようやく少し気持ちも落ち着いてきたので今月の途中経過をまとめておきます。

 

今月は、

 

●ドル円タイミング配信

●Free Lunch Forex

●FXプロフィットマキシマイザ

という3つの手法で並行してトレードしましたが、

含み損の拡大していたFree Lunch Forexは遂に裁量で損切りし、

購読も中止しました。

 

2011年5月14日現在のトレード成績はコチラ

↓↓ 

http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/20110514.pdf

ドル円タイミング配信  ・・・-   690円

Free Lunch Forex    ・・・-516760円

プロフィットマキシマイザ・・・+ 59322円

ユーロドルタイミング配信・・・- 14675円

 

合計          ・・・-470438円

 

という経過となっています。

やはりFree Lunch Forexでの損切りが大きいですね^^;

(※ユーロドルタイミング配信は月末のポジションの残りで、

裁量で損切りしました。)

 

大きく損切りしましたので、口座の残高も一気に減少。

ほぼ振り出しに戻ってしまった感じですね。

 

 

■何故Free Lunch Forexの購読を停止したのか?

 

実は私が各ポジションを損切りした正にその直後からトレンドが転換し、

本来保有していれば含み損が縮小する方向へ値が動きました^^;

例えばユーロドルやポンドドルは堅調に上昇トレンドにありましたが、

今は調整中です。Free Lunchで保有していたポジションは、

ユーロドルやポンドドル、AUD/USDが下がると利益が出る方向のポジションでした。

ですので、リスク管理を適正にしていれば、恐らく含み損からプラス決済へ

持ち込めたのだろうと思います。

サヤ取りという手法自体には問題はないと思うのですが・・・

 

■兎にも角にも販売者の対応の不誠実さ

 

このFree Lunch の配信を行っている、城崎氏という人物ですが、

以前の記事でも書きましたが、兎に角対応が全くなっていません・・・

 

「質問があればいつでもメールしてください」

 

としておきながら、メールをしても回答が無いのです。

 

実は最近、現在の含み損の状況やリスク管理について、

城崎氏にメールで質問をしたのです。

しかし今回も返答はありませんでした。

 

あ、念のために書いておきますが、

決してクレーマー的なメールではありませんよ!

こちらとしては非常に気を使って丁寧に質問をしたつもりでした・・・

 

それでも回答はありません。

 

もちろんこれが一度なら話は別ですが、

今回が初めてではないのです。

 

以前、メールをしても回答がなく、

さらにはこちらが購読解除をしていないのに、

強制的に解除メールが送られてきたことがありました。

とんでもないトラブルだと思い、販売会社のライツマネイジメントに

電話をして問い合わせしたのですが、ここでの対応も非常にチグハグで・・・

 

配信者である城崎氏、それから販売会社であるライツマネイジメント、

どちらに対しても不信感を抱いていたわけですが、

ここに来て今回の含み損拡大とメールへの無回答・・・

 

これはもう無理だな、と思いました。

 

■自分のスタイルに合わないものはやはり継続できない

 

このFree Lunch Forexを実践していて改めて実感したことがあります。

それは、含み損を長期間抱える手法は自分には合わない、ということです。

 

裁量トレードを学ぶ中で、

ポジションを取った時点でストップを設定する

という観念が自分の中では定着しています。

それからすると、たとえ大きく含み損が拡大することはないとはいえ、

どこまで損失が拡大するのか分からずにポジションを放置しておく、

というのは十分に違和感のあることでした。

 

ドル円タイミング配信にしろ、プロフィットマキシマイザにしろ、

ポジションを取ると同時にストップを設定します。

ですからリスクを予め想定でき、自分の許容範囲でコントロール出来ます。

 

しかしFree Lunch の場合はそれが出来ない。

ここが自分に合わない点でした。

 

勿論、結果的に利益に繋がるケースがほとんどですし、

途中の含み損が大きくなろうと気にならない、

という方であればこのFree Lunch Forexは合っているのかもしれません。

 

しかし、やはり約半年間配信を受けてきた感想としては、

やはりこの配信者の対応はあり得ません・・・

責務を半ば放棄しているに近いと思います。

このような方とは良好な関係を築くことは難しいと個人的には感じます。

 

投資の結果は自己責任ですから何も言うことはありませんが、

このような対応を続けていては折角成り立つ商売も成り立たなくなると

思います。

 

■気分を一新してまた前進

 

正直、今回の損切りは非常にサッパリしました^^

非常に気持ちがいいです。

 

一部、クロス円のロングポジションは保有したままにしていますが、

こちらは私の裁量で残しました。私は今後はクロス円は上昇に向かう可能性が

高いだろうと考えており、またサイクル的にもドル円はそろそろ相場が

転換して上昇していくのでは?と考えておりますので。

 

Free Lunch Forexは購読停止しましたが、

「サヤ取り」についての興味は依然としてあります。

ですので、また新しいサービスがあれば試してみるつもりです。

 

そして、やはり「裁量トレード」のスキルを上げることが重要だと、

改めて(何度改めて、と言ったか分かりませんが・・・)感じています。

 

実は少し前になりますが、

FX革命という商材を購入しまして、

その後、そのバックエンド商品である月額7980円のトレードスクールに

入っています。

 

まだまだ実践レベルで動いていませんので感想は控えますが、

今後も裁量トレードのスキル向上に努力していこうと思います。

2011年4月FX投資成績

■2011年4月FX投資成績

 

2011年4月のFX投資成績です。

法人口座はIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)を使用しています。

ここも1年ほど使ってきましたが、最近になってようやく

iphone用のトレードアプリが登場して、随分と携帯での取引が

容易になりました。

 

今月は、

 

●ドル円タイミング配信

●ユーロドルタイミング配信(お試し無料期間)

●Free Lunch Forex

●FXプロフィットマキシマイザ

という4つの手法で並行してトレードしました。

 

2011年4月のトレード成績はコチラ

↓↓ 

http://chounshiryuinvest.com/toushiseiseki/201104.pdf

ドル円タイミング配信  ・・・+ 11980円

Free Lunch Forex    ・・・+ 86710円

プロフィットマキシマイザ・・・+ 92091円

ユーロドルタイミング配信・・・+ 33476円

 

合計          ・・・+188628円

 

という結果でした。

(スワップがマイナス2万強になるため、合計の利益は単純に

4つの成績を全て足したものよりも少なくなっています)

 

先月大きく損失を出したプロフィットマキシマイザは、

アラートソフトの改良がありエントリーを厳選することが可能になり、

それが好結果につながったと感じています。

 

しかし、Free Lunch Forexによる含み損が40万を超えており

これらのポジションをどうするか?今後のFree Lunch Forexでの

運用をどうするか?が課題となっています。

 

■やはり課題のFree Lunch Forex

 

以前から資金管理、ポジションサイズの疑念があるFree Lunch Forexなのですが、

問題がより顕性化してました。

 

ここに来て含み損はなんと40万を超えています・・・

 

証拠画像

 ↓↓

 

 

さてさてどうしたものか・・・

 

現時点で、総資金140万に対して含み損40万。

これは総資金に対して実に30%近い含み損です。

 

当初の想定を完全に超越しており、

私の資金管理ミス、ポジションサイズミスということになります。

 

理想は含み損5%以内、ですが、10%としても、

総資金は400万以上必要な状態です。

完全にレバレッジをかけ過ぎている状態です、現在は。

 

ただ、救いなのはドル円タイミング配信やプロフィットマキシマイザについては、

今後も少しばかりは期待してもよさそうな印象がある、という点と、

資金をプールしてあるので、まだまだ充填しながら経過を見れそう、

ということです。

 

■今後のFree Lunch Forexの扱い方

 

これ以上含み損ポジションは増やしたくないので、

当面新たなシグナルが発生してもポジションは取らず、

現在の含み損ポジションが解消されてから、

新規のポジション取りを考えていこうと思います。

 

また、今後も含み損は拡大していくことも十分に考えられますから、

資金を定期的に補充しながら様子を見ようと思います。

 

さらに、プロフィットマキシマイザやドル円タイミング配信での

ポジションサイズについては、資金増量に伴って大きくしていこうと思います。

 

ドル円タイミング配信については、

昨年は完全に不調でしたが、今年のここまでの推移ですと、

昨年よりは少しばかり期待できそうな印象ですし、

多くずれしない配信であることはこれまでの2年間の実績が物語っていますし、

自分の中でもかなり信頼性があります。

 

ただ、大きく利益を出すこともない、ということは当然言えますが。

 

■やはり収入源の分散化は重要

 

FXを専業でやっていくのは本当に大変なことだと思います。

カリスマトレーダー、スーパートレーダーとされる方々でも、

年に何回は不調な時期があるようですし、仮に収入源がFXのみ、

という状態であれば、こうした不調期に精神状態を一定に保ち続けることは

至難の業かと思います。

 

自分も、専業でFXなど到底無理だな、と感じています。

 

現在は、

 

・本業の給与

・不動産収入

・企業貸付からの収入

・アドセンス

 

といういくつかの収入源があるので、まだFXでの成績にそれほど一喜一憂

することはありませんが、バランスが全く持って悪いのは事実です。

 

給与収入が圧倒的で、他の収入源からのキャッシュフローは微々たるもの、

という状態ですので、このバランスをそれぞれ均等になるぐらい、

のレベルにまで持っていければより安定感が増すのでしょうが、

中々上手くはいきません。

 

■まずはFXに注力、そして利益を他の収入源強化のために使っていく

 

なんだかんだ言っても自分の場合、まずはFXで安定的に稼げるようになることが

先決だと考えています。そして、それが最も効率的だろうとも思いますし。

 

現在はシグナル配信に頼っている状況ですが、

裏では裁量トレードの技術を磨くことは忘れてはいません。

 

裁量トレードで安定的に勝てるようになること、

これがやはり究極の理想形であることは間違いありませんし、

そこを目指していかなければ永久に自分の心の中も落ち着きません。

 

ただ、FXも結局は労働収入ですので、

ゆくゆくはより不労所得に近い収入源である不動産投資、

それから他人に任せる形でのサイトアフィリエイト、

という方向に展開できればと考えています。

 

まだまだ頭の中でグルグルと思いを巡らせているだけで、

具体化するにはしばらく時間はかかりそうですが、

途中で止めないこと、諦めないことが最も重要だと思っています。

 

無理に焦らず、気長に取り組んでいこうと思います。