FXの略歴とトレードスタイル

FX略歴

 


1995年 大学進学。ここまで投資とは全く無関係な人生。

 

2002年 多少紆余曲折ありながらも公務員として社会人生活を開始。
結婚を機に、現実的に生活のためには「お金」が必要であると痛感し、
意識するようになる。


2007年 FXを知る。が、最初は怖くてトレードせず。


2009年 原資を1年間で9倍に増やす。
また、公務員を辞め、自分の実力のみが頼りの世界へ飛び込む。

ビジネス面では成功し、年収2000万円を超える。


2010年 税金対策のため法人を設立しFXトレードを開始。


2011年 一転、トレード不振に。以後、シグナル配信、自動売買、委託運用、
様々試すも成果でず。


2013年 裁量トレードの再学習を決意。


2014年 挫折はありながらも、ようやく裁量トレードで利益を出せるように。
最終的な自分の問題はメンタルコントロールである、という認識を深くする。
ビジネス面は順調に推移し年収3000万円を超えるが、依然として労働収入であることが課題。

 

FXトレードスタイル

 


FXを最初に始めた頃のトレードスタイルはなんとスキャルピング。


最初はビギナーズラックで利益が出るも、
結局損切りができずに一回のトレードで大損、
という絵にかいたような損大利小のトレードであえなく挫折。


その後、様々なトレードスタイルを模索するも挫折、を繰り返し、
結局はデイトレスタイルに落ち着く。


しかも、5分足は当然のこと、15分足や1時間足で見ていても、
結局はトレード過剰になってしまい最終的にメンタル面が乱れることから、
現在(2014年10月現在)は4時間足を主に見るようにしている。


結果的には、これがポジポジ病を改善する上で最も著効したように思う。
4時間足では当然ながら損切り幅が広がるため、
レバレッジを落としたトレードになり、
細かい値動きに一喜一憂しにくくなったことでメンタルが安定し、
それがトレード成績の向上にも繋がった。

 

基本的には押し目買い、戻り売り、トレンド反転狙い、
特徴的なローソク足が出た時にトレードしている。
リスクリワードが1以上、出来れば2以上、さらに勝率も6割以上を維持したい。

 

 

パフォーマンス

 


メンタルの安定した状態かつ、資金量の多く無い段階では、

1か月で資金を倍にするトレードは可能。


ただし、現状、安定したメンタルを維持できるのは、
ワントレード20万通貨単位が上限と思われる。


実際、50万通貨単位でトレードした際には、徐々にメンタル面への影響が現れ、
最終的には出した利益を吐き出してしまった、という苦い経験あり。
個人的なキャパシティをどう向上させていくかも課題。

 

プロフィール 2016年10月再編集済

黒洲三郎プロフィール

 

ブログを訪問いただきありがとうございます。
このブログを運営しております黒洲三郎と言います。
どうぞよろしくお願いします。


私はこのブログを通して出来れば多くの人と交流を
持って行けたら、と考えています。
まずは皆さんに私という人間がどういう人間かを
イメージしていただけるように自己紹介をしたいと思います。

 

「プロフィール 2016年10月再編集済」の続きを読む…

無料ツールに頼るリスクとライフメディア構築

おはようございます。黒洲三郎です。

 

2014年10月初め、ヤフーのメール障害がありましたね。
私も比較的使用頻度が高かったヤフーのフリーアドレスも障害に巻き込まれ、
長期間メールの使用が出来なくなり、日常生活に多少の影響が出ました。
早めに対処して大事には至りませんでしたが、
フリーアドレスがいつまでも問題なく使えるとは限らない、
ということを思い知らされましたね。

 

さらには、

「無料ツールに頼るリスクとライフメディア構築」の続きを読む…