黒洲式トレード手法

黒洲式優位性のあるFXトレード手法

 

ここでは私のトレード手法を公開していきます。

といっても、FXトレードを少しでも勉強したことのある方であれば、

どなたでも知っているような極めてオーソドックスなトレード手法になります。

 

FXにおいてトレード手法というのは、

あくまでトレードを構成する要素の一つにしかすぎませんし

その優先順位も、

相場環境認識や資金管理、

メンタルコントロールに比べれば重要度は劣ります。

ですから、

トレード手法を知っていれば勝ち続けられるというものではない

ということは理解しておくべきですし、

トレード経験のある方なら既に十分に認識されていることと思います。

 

トレード手法については、

私が今後経験を積む上で優位性がある、

と判断したものについては随時追加していく予定です。

 

トレード手法①
ダブルエッジを意識した押し目買い・戻り売り

 

こちらは自然にリスクリワードレシオの高いトレード になります。

ただ、単にMAからの反発を狙う、だけでは勝率が上がりません。

そこにもう少し深い観察眼が必要になります。

→ ダブルエッジを意識した押し目買い・戻り売り

 

トレード手法②
上昇トレンド中のもみ合い上抜けを狙う

 

これはペナント、フラッグなどと呼ばれる有名な

チャートパターンを上抜けたときにどう付いていくか?

を紹介しています。実際の値動きはパターン通りとはいきません。

ここで解説している注意点を把握することでより良い

エントリーが可能となるでしょう。

→ 上昇トレンド中のもみ合い上抜けを狙う

 

トレード手法③
oscillatorのダイバージェンスを参考にトレンド転換を狙う

 

トレンド転換を狙った手法になります。

既にいろんな所で目にしたことはあると思いますが、

「oscillatorのダイバージェンス」 を参考に、トレード機会を伺います。

この手法は勝率も高く、

勢いが出やすいため利益確定までの時間が短いのも特徴です。

→ oscillatorのダイバージェンスを参考にトレンド転換を狙う

 

SPONSORED LINK